前へ
次へ

依頼や相談に適さない探偵とは?

依頼を避けるべき探偵は存在します。どのような探偵が依頼するべきでない探偵であるか?は様々な理由が存在するものです。

基本的に考えて「探偵の調査が必要」となっているということは「自身の力では動かない問題」や「自身の価値観のなかで極めて重要な物事」が存在し、情報が必要となり探偵の調査を選択する判断を下すものです。

多くの場合、探偵に相談する物事は秘匿性が高く、声を大にして話せる内容では有りません。すなわち、「依頼する側は常に秘密を打ち明ける弱い立場」であることが考えられるのです。この重要な部分において「探偵は守秘義務」から知り得た情報を誰にも話さないという職業上で守らなければならないお約束があるのですが、前述した探偵と相談者の立場が変化することは御座いません。

従って、ご依頼者は極めてプライベートな「誰にも話せない悩みや問題を抱えている弱者である」と言えるのです。

単刀直入に申し上げて「相談時点で弱者を上からの立場や空気感で対応する探偵との相談」は出来る限り避けるべきでしょう。

どんなに経験値が豊富で解決手段に長けた探偵であっても「基本的に人として弱者の立場に立てない」人物との仕事は「弱みに付け込む業務の可能性が払拭できない」ため避けるべきと判断できるのです。良い業務の根底に存在する大前提は「業務を実施する人物の人間性」に他ありません。相談や問い合わせの時点で探偵の対応に「協調性が無い探偵」は相談者の辛さや心の痛みを理解していない可能性が高く、利益に徹しビジネスライクな相談のみならば「頼りになる探偵との判断にはならない」と言えるのです。

このような探偵が問題を解決可能な業務を実施できるか?誰にでも早期に理解することが可能かと思われます。有意義な探偵選びを実施したいと判断されるならば「他の探偵を探して相談を実施する」ことが望ましいと言えるのです。

悪意の探偵と善意の探偵を見極める

善意の探偵と密な相談を実施し信頼関係を築き、依頼者と探偵が協力体制のもとに調査案件に対峙する。このような理想的な姿勢で悩みや問題を解決することは、善意の探偵と相談・契約が出来なければ可能となりません。当然ですが高額な費用で調査を実施したあげく「結果を出すためには追加調査が必要です」等の言葉を口にする探偵は論外と言えるでしょう。現代社会に存在する探偵は契約時点で探偵業法に従い「調査費用の明確化」が義務となっているのです。もし、本当に追加調査が必要な状況であったとしても、見積もり時点で「必要最低限な見積もりを提示し低料金」を告げて依頼を獲得しようという判断ならば「悪意ある探偵」と言えるのです。依頼人が欲している結果を導き出すために「必要な調査の総額をおおよそ見積もりとして提示」しなければ意味がないのです。このようないい加減な業務契約が「探偵業界で表面化するトラブルの多くに関連している」ことは言うまでもありません。そして、実施される調査で「得られる情報量が極めて少ない」などの疑問点が生じる探偵ならば早期に調査依頼を打ち切る判断が賢明と考えられるのです。このような状況下では「調査能力が低い探偵」が現場での調査を実施している可能性が非常に高いと考えられることが理由であることは言うまでもありません。一言で調査能力が低い探偵と言ってもピンと来ないでしょうからご説明しますと、「撮影装備が不十分」であったり「機動力の装備や技術が不十分」という探偵は少なくないのです。

善意の探偵と判断する基準は何か?

とてもシンプルで基本的なことが探偵選びに必要ということはご理解いただけることでしょう。様々な仕事を様々な人物に依頼する機会が誰にでもあるということは、仕事をお願いする相手を選択する機会が誰にでも訪れるということは明確といえます。外食一つ例にしてみても信頼度の高い何らかの基準に準じて皆さんは普段からお店を選択しているはずなのです。価格に応じた想定以上の量であったり、味であったり、そこで働く人物達の姿勢であったりと「何らかの価値に魅力を感じて対価を支払っている」のです。探偵の仕事も極めて同一の判断が作用して「探偵を選択する様々な基準」となっていることは当然です。低価格で調査を引き受ける探偵を選択するのか?費用は相応だが創業年数が長い信用度で探偵を選択するのか?相談時点の対応や仕事に対する姿勢が好印象な探偵を選択するのか?選択基準は人それぞれと言えるのです。善意の探偵に調査を依頼したいという考えが前提にあり、探偵選びを実施するならば「好印象となる何かが存在する探偵」ということが「善意の探偵」と判断するにあたり必要となるのです。その何かは、相談する皆さんがお感じになるものなので第三者が断言できないものと言えるでしょう。

Page Top